確定拠出年金の節税効果

確定拠出年金の節税効果

具体的に確定拠出年金をすることでいくらくらいの節税効果があるのかシミュレーションしてみたいと思います。

 

例えば、個人で確定拠出年金をしている人で年間の給与所得から各種所得控除を引いた課税所得450万円の人がいるとします。

 

この人は個人で毎月15,000円を確定拠出年金で掛けていて、年間にすると18万円支払っているとします。

 

するとこの掛け金18万円、全額が非課税となるため課税所得額から18万円を引くことができるのです。

 

通常、課税所得額が450万円の場合、所得税がその20%、住民税は10%支払うこととなっています。

 

それが18万円分は課税されないわけですから、つまり、所得税と住民税合わせて30%、18万円の30%となる54,000円分を節税することができるわけです。

 

個人の手元に54,000円の現金が残るのと同じことです。

 

これはかなりの節税効果があると思います。

 

1年で54,000円も節税できたとして、それが仮に20年間続けばその節税効果は108万円にもなります。

 

税金は毎年払い続けるものですから、このように数年分まとめて計算すると改めて大きな金額になることがわかります。

 

確定拠出年金をしているのとしていないのとでは、こんなにも手元に残せるお金に違いが出てくるのです。

 

 

ちなみに住民税は一律で10%と決められていますが、所得税に関しては課税所得金額に応じてその税率は違ってきます。

 

195万円以下の人は税率が5%、195万円を超え330万円以下の人は税率が10%。

 

330万円を超え695万円以下の人は税率が20%、695万円を超え900万円以下の人は23%。

 

900万円を超え1,800万円以下の人は税率が33%、1,800万円を超え4,000万円以下の人は40%。

 

そして4,000万円を超える人は45%となっています。

 

収入が多ければ多いほどかなり大きな金額をひかれてしまいます。

 

収入の多い人ほど資産運用についてよく考える必要があると思います。

 

 

手数料や投資など、確定拠出年金をする上でデメリットももちろんあります。

 

しかし通常貯金を行うよりも確定拠出年金を利用した方が拠出時にも運用時にも共に節税効果があるため資産形成していく上でかなりメリットはあると思います。

関連ページ

個人の節税
個人の節税・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険料控除
生命保険料控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養控除
扶養控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
親の扶養控除について
親の扶養控除について・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
医療費控除
医療費控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
譲渡損失による節税
譲渡損失による節税・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン控除
住宅ローン控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ふるさと納税
ふるさと納税・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ふるさと納税のやり方
ふるさと納税のやり方・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
社会保険料控除
社会保険料控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
セルフメディケーション税制
セルフメディケーション税制・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
セルフメディケーション税制の対象
セルフメディケーション税制の対象・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
確定拠出年金
確定拠出年金・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節税効果のある投資
節税効果のある投資・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。