通信費の口座振替と注意

通信費の口座振替と注意点

WIMAXの支払い方法としてクレジットカードを採用しているところが多くあります。

 

ですが、学生の方や社会人になりたての方など人によってはクレジットカードをお持ちでない方も多くいます。

 

そういう状況を考慮して、大手のプロバイダではクレジットカードだけでなく他の支払い方法も採用しています。
その一つが口座振替です。

 

しかし、口座振替が利用できるようになるまでには1~2か月程の期間を要するので、その点には注意しておきましょう。
ではどうするのかというと、その期間中の支払いは振込用紙から自分で振り込みを行います。

 

勿論手数料は自分負担です。

 

また、口座振替をするために必要な振替手数料も自分で負担しなければならないこともあります。これもプロバイダによるので契約する際にはできれば確認するようにしましょう。

 

振替にかかる手数料は毎月200円程度なので気にすることはないかと思うかもしれませんが、2年契約の縛りがあると考えると合計で5,000円も払う計算になります。

 

ですので、できるならば振替手数料を払わなくて済むようなプロバイダを選んだ方がいいと言えます。

 

また、口座振替は誰でも利用できるわけではなく一定の審査基準を満たすことが条件としてあります。

 

携帯電話などの支払いやローンの返済を延滞していなどの人は、その審査基準を満たしていないとみなされる場合があります。

 

前述したように口座振替を利用する場合にはある程度の期間を要するので、それと比べるとクレジットカード払いで契約をした方が、早くWIMAX2+を入手することが出来ます。

 

なので、すぐにでもWIMAX2+が必要だという人には口座振替はあまり向いていません。

 

加えて、オプションの「Try WIMAX」でWIMAX2+の電波がちゃんと届くかどうかを調べることが出来なくなるため、可能であれば事前にWIMAX2+をレンタルしてみて、普段使いそうな環境でちゃんと電波が届くかどうか確かめることも大切です。

 

通信費の口座振替と注意・WiMAXの申し込みでどこがいいのか

 

インターネット回線での支払いは、ほとんど銀行口座の振り替えか、クレジットでの支払いになります。

 

WiMAXは、いろんなプロバイダーから販売されています。

 

本件のUQ-WiMAXだけでなく、月額料金やサービス面で競争をしています。

 

そんな無線インターネットのWiMAXは、固定回線に代わるくらいの高速ですし、どこでもネットがつかえるので、一人暮らしのネット回線には向いています。

 

それをどこにするのか、一番安そうで、サービス面でもよさそいうなところを探したいと思います。

 

こていらのブログの記事では、その一つを紹介しています。

 

Broad WiMAXを実際に契約して使ってみた感想、レビュー、オプション解約手順

 

http://getwimax.jp/

 

しっかりとWiMAXについてまとめてますのでご参考までにどうぞ。